歯磨き粉 研磨剤なし オススメ

研磨剤なしの歯磨き粉を使いたい!オススメは?

このサイトでは研磨剤なしの歯磨き粉で着色汚れを落とすことができて美白効果が
期待できる歯磨き粉を紹介しています。

 

研磨剤なしの歯磨き粉が使いたい!
そもそも研磨剤はどんな役割があるの?

 

という方はこの記事をぜひ参考にしてくださいね。

研磨剤なしの歯磨き粉がオススメの理由

研磨剤なしの歯磨き粉がなぜオススメなのか?
それは研磨剤(清掃剤)によって歯の表面が傷ついてしまうからです。

 

もちろん1度使ったからと言ってすぐに傷つくわけではありません。
しかし、使い続けることで歯の表面には目に見えない細かな傷ができてしまいます。

 

歯には再石灰化という力があるので多少削れても傷を埋めることができるのですが、
真っ平になるわけではなく多少表面には凹凸ができてしまいます。

 

そうすると、歯の着色汚れの原因となるステインが歯の表面に付着しやすくなります。
その結果、歯が黄ばんで見えるといったことが起こります。

特に、コーヒーやお茶類、ワインなどステインが付着しやすい飲食物が大好きな方や
タバコを吸っている方はより着色汚れが付きやすい歯になる恐れがあります。

 

歯の汚れを落とすために含まれている研磨剤で歯に汚れが付きやすくなるとはなんとも皮肉です。

 

この研磨剤、市販の歯磨き粉にはほとんどと言っていいほど配合されています。
表記としては清掃剤と表記されていることもありますが、成分としては
リン酸水素カルシウムや無水ケイ酸、含水ケイ酸、炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)といった成分です。

 

歯磨き粉には研磨剤の他にも発がん性があると言われる
発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)も配合されていたりと結構危険なものです。

 

 

なので、歯医者さんの中には歯磨き粉を使っていないという人も多いですよね。
実際にきちんとブラッシングが出来ていればそれだけでも十分汚れは落とせるそうです。
プラーク(歯垢)を取り除くことが歯磨きをする最大の目的です!!
という歯医者さんはたくさんいます。

 

 

ただ、研磨剤配合の歯磨き粉には着色汚れ(ステイン)を落とす効果や
歯周病予防効果、口臭予防といった効果があることも事実です。

 

 

また、歯磨きがプラークを落とす目的なのはわかるけど、「さすがに何も付けないで歯磨きはちょっと・・・」という人も多いでしょう。そこでオススメなのが研磨剤なしの歯磨き粉というわけですね。

 

研磨剤なしの歯磨き粉のデメリットとしては、ステインを落とすことができないので着色汚れが目立ってしまったり、歯が黄ばんでしまうというデメリットがありますが、最近では研磨剤なしでもステインによる着色汚れを浮かせて落とすことができる歯磨き粉が販売され人気になっていてオススメです。

 

そんな研磨剤なしの歯磨き粉で着色汚れを落とす効果がある人気の歯磨き粉を紹介しましょう!

研磨剤なしのオススメ歯磨き粉をご紹介

9877
研磨剤なしのオススメ歯磨き粉 ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

 

・医薬部外品の歯磨き粉
・歯の美白、口臭予防、歯周病予防、虫歯予防の成分配合
・満足度調査で6冠達成の歯を白くする歯磨き粉
・1日133円で始められるホワイトニング
・歯科医師もオススメの歯磨き粉

 

といった感じです。

 

価格 5980円
内容量 30g
備考 定期コースで初回33%OFF以降16%OFF(最低3回継続)
研磨剤なしのオススメ歯磨き粉1位 ちゅらトゥースホワイトニングの総評

ちゅらトゥースホワイトニングは10円玉に付着した長年の汚れも浮かせて吸着して
落とすポリアスパラギン酸(アミノ酸高分子)が配合されていて着色汚れを落とす
だけではなく、ステインの再付着を防ぐ効果があります。
なのでステインが付着しやすい食生活を送っている方や、歯の着色汚れが気になる
という方には特にオススメの歯磨き粉です。
その他にも歯茎の健康にはビタミンC、虫歯予防にはGTO、口臭予防にはシメン-5-オールなど
これ1本でトータルケアができるところに大きな魅力があります。

 

 

研磨剤なしのオススメ歯磨き粉 はははのはの特徴

 

・製薬会社との共同開発
・6つの無添加ハミガキ
・10日間の返金保証付き
・ポリリン酸&メタリン酸のW美白効果
・配合オーガニック成分は完全無農薬

 

といった感じです。

価格 3500円
内容量 30g
備考 定期購入で初回1980円以降2980円(縛りなし)
研磨剤なしのオススメ歯磨き粉2位 はははのはの総評

はははのはは研磨剤なしはもちろんですが、着色料までも含めた6つの無添加で
使用している10種類のオーガニック成分は完全無農薬で栽培されたもののみなど
安心・安全に使い続けられるという点がオススメの歯磨き粉です。
10日間の返金保証や製薬会社との共同開発という点も魅力です。
研磨剤や発泡剤など歯磨き粉への不信感が拭えないという人には特にオススメです。

 

 

研磨剤なしのオススメ歯磨き粉 プレミアムブラントゥースの特徴

 

・世界5ヶ国で売り上げ1位の歯磨き粉
・歯科衛生士もオススメ
・6つの植物性オイルと16の植物エキス配合
・メントール、キシリトール、ハッカ葉油でスッキリ
・GMP認定工場で製造

 

といった感じです。

価格 9980円
内容量 30g
備考 定期便で初回6000円OFF

 

研磨剤なしのオススメ歯磨き粉3位 プレミアムブラントゥースの総評

プレミアムブラントゥースはココナッツオイルを始めとしたオーガニックオイルが
たくさん配合されているのでセレブの間でも話題になっているオイルプリングに
チャレンジすることができます。オイルプリングというのは簡単に言えばインドの
自然療法で植物性のオイルでうがいをすることお口のトラブルやホワイトニング効果、
美容効果を得られると言われている方法です。今流行の美容法に興味がある方にオススメです。

私が購入した研磨剤なしの歯磨き粉はちゅらトゥースホワイトニング

研磨剤なしの歯磨き粉を3つ紹介しました。
これは実際に私が研磨剤なしの歯磨き粉を購入するにあたってピックアップした商品です。

 

で、その中から何を選んだのかというとオススメ1位のちゅらトゥースホワイトニングです。
私が商品選びで重視したのは、歯の着色を落とせるかと価格がメインですね。

それに加えて歯磨き粉の基本的な効果があればいいな〜と思って選びましたが、
ちゅらトゥースホワイトニングが全てにおいて一番バランスが取れていると思います。

 

実際に使ってみると、歯磨き粉というよりかはジェルに近い感じでこれまでに
使っていた歯磨き粉に比べると発泡剤がないせいか泡立ちの悪さが気になりましたが、
使い続けているうちに慣れて気にならないと思います。

 

それよりも着色汚れが落ちたり、磨き終わりの歯が普段の歯磨き粉よりもツルツルになったり、
口の中のさっぱり感が比べものにならなくて正直驚いています。

 

お値段を考えると1日3回使うのはちょっともったいないような気もするのですが、
もう普通の歯磨き粉には戻れなくなりそうでちょっと怖いです。(笑)

 

研磨剤なしの歯磨き粉で市販の安い商品はどうなの?

研磨剤なしの歯磨き粉で着色汚れの原因であるステインを落とす効果のある歯磨き粉を紹介してきまししたが、ご覧の通り市販の歯磨き粉に比べると値段が高い商品が多いです。

 

もっと安い商品で研磨剤なしの歯磨き粉をお探しの方にオススメなのがコンクールのジェルコートFです。

 

おそらく見たことがある人もいるのではないでしょうか?
研磨剤なしに加えて発泡剤も不使用の歯磨き粉で歯科専売品として歯医者さんに置かれていたりします。歯科専売品なので市販の薬局やドラッグストアでは販売されていませんが、東急ハンズやロフトなどでも販売されていますし、楽天の通販でも販売されているので比較的簡単に購入できると思います。

 

 

値段も一般的な歯磨き粉と同じぐらいなので研磨剤なしの歯磨き粉としては安いと言えます。
効果は主に歯周病予防や虫歯予防に良いとされています。コンクールジェルコートFに配合されているフッ素は歯の再石灰化にも良いとされているのですでに歯の表面が研磨剤によって傷ついている人のエナメル質の修復にもオススメです。

 

 

ただ、コンクールジェルコートFを使用する際は、研磨剤なしの歯磨き粉で着色汚れの原因となるステインを落とす成分が配合されていないので定期的に歯医者さんに行ってクリーニングをして着色汚れを落としてもらうのがオススメです。

 

いくら歯に優しいとはいっても着色汚れが付着した歯は審美的に綺麗ではないですからね。
電動歯ブラシを使っている場合は特に研磨剤なしの歯磨き粉がオススメされることが多いので電動歯ブラシを使っている人にもコンクールジェルコートFの愛用者は多いです。

 

 

市販品の研磨剤なしの歯磨き粉の注意点!

市販品の中には「研磨剤なしの歯磨き粉!」と宣伝しているにも関わらず、研磨剤がしっかり配合されている歯磨き粉があります。例えば、市販で研磨剤なしの歯磨き粉と調べるとクリニカやシュミテクト、GUMといったブランドの歯磨き粉に関する記事が出てきますが、これらの歯磨き粉はほぼ全て研磨剤が配合されている歯磨き粉です。

 

唯一、シュミテクトのトゥルーホワイトだけはグレーと言えます。
シュミテクトのトゥルーホワイトには研磨成分である含水ケイ酸が増粘剤として配合されています。これは意見が分かれるところですが、増粘剤として使われている=配合量としては多く配合されているわけではないから研磨力はそれほどないから大丈夫派と、配合量が少ないと言っても研磨成分であることには変わらない派です。(笑)

 

 

これをどちらと取るかはこの記事を見ている方の判断にお任せしますが、普通に市販で販売されている歯磨き粉に比べれば低研磨の市販の歯磨き粉であることには変わりありません。着色汚れを浮かせて落とすポリリン酸ナトリウムが配合されているのでホワイトニング効果も多少は期待できると思います。値段も割と安いです。

 

 

シュミテクトなどはまだ良いほうで商品名こそ挙げませんが、堂々と研磨剤なしと謳っておいて、これでもか!と研磨成分をバリバリ配合している歯磨き粉なんかもあります・・・。その商品の理屈としては「清掃剤」として研磨成分を配合していてあくまでも「研磨剤」は配合していないということですが、ここまでくるとさすがに悪意を感じますね。

 

基本的に市販で安い歯磨き粉には研磨剤が配合されていて、もし「研磨剤無配合」や「研磨剤フリー」「研磨剤なし」といった表記を目にしても鵜呑みにせずしっかりと成分表記まで見て研磨成分の有無を確認してから購入することをオススメします。